キャッシング審査はどの申し込み方法であっても統一されています。

キャッシング審査はどの申し込み方法であっても統一されています。

キャッシングの申し込みを行うにあたって銀行.クレジット.消費者金融が必ず実施するのが個人信用情報の照会と自宅.勤務先への在籍確認です。1度でもキャッシングを利用すると信用情報機関へ借入.返済履歴が登録され業者はこれを参考に新たな貸付の可否を判断します。多重債務防止の為2010年に施行された貸金業規制法の総重量規制により他社借入金額を把握の上融資判断しなくてはならなくなりました。この規制をクリアの上業者独自の貸付基準を照らし合わせて貸付が行われています。在籍確認においては自宅は家族等不在なケースも多々ありますのでコールや留守番電話でも可ですが会社は本人が在籍しているかの確認は必須です。2つの審査を通過すると与信限度額設定の審査に移行します。ここからの審査は会社によって基準は様々ですので限度額は異なってきますが審査内容としましては年収.住居区分.勤務年数.人物像.持参書類が何か等を総合的にが判断し決定されます。個人事業主においては確定申告書か所得証明書が別途必要書類として提出を求められる場合もあります。キャッシングの申し込み方法にはいくつかの選択肢がありますがどの方法であっても審査の手段は変わりませんので損得勘定はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です